検索
 
バレエ教室関係者様へ
Sponsore
バレエレオタード
バレエ用品のアンジュ
欧米、日本から高品質で、大人用レオタードから子供用レオタードまで販売しています。

新登場!バレエスカート 〜 Black or Pink! 美しいドレープで最強コーデ

バレリーナになりたい!厳しきバレリーナへの道 - 記事一覧

http://minibuta-nz2007.seesaa.net/

発行日時 見出し
2014-4-3 20:46 東京新聞 全国舞踊コンクール 2014 東京新聞 全国舞踊コンクール 2014
今日は東京新聞のバレエ部門決選日。昨年同様、なぜかどしゃぶりの中目黒パーシモンホールに出かけてきた。残念ながらジュニアしか見ていないので児童の結果には何も言えない。でも今年はローザンヌ効果か、例年より観客が多かったような気がする。ジュニア部門だと言うのに、小さいお子さんを連れた、出場者の身内とはあまり思えない感じの方々も見えたような気がしたのだが、どうだろうか?さて、結果について。意外だったのは男子の入賞が少なかったことだ。ジュニアの男子は伸びしろを考えて評価しないとまだまだ..(続きを読む)

2014-2-12 19:58 ローザンヌの体格 ローザンヌの体格
あまりに長い間留守にしていたので最後に頻繁に更新していた頃の自分がどんなだったか?記憶がとんでいる。ことバレエについてもコンクールやテレビで放送される舞台、それに応援している子の発表会を見ている程度なので、バレエ界の ”今” に疎くなってしまったかもしれない。今回のローザンヌを見て思ったのだがビデオ審査に通って、本選に進んだ子達の体格が少しよくなっているような気がしたのだがいかがだろうか?体格がよくなった・・・つまり平たく言えば横に大きくなった?という意味である。決選では特に..(続きを読む)

2014-2-2 18:01 ローザンヌ 2014 ローザンヌ 2014
ここ数年間、全く更新がないのでこのブログはもう死んだものと思われていたに違いない。それでもたまに覗きにきていただいていた方がいらっしゃったようで、有難いやら申し訳ないやら・・・ということで、久しぶりに少し。私自身は7年前?にバレエを離れそして娘もついに1年前バレエから離れた。(のあたりについては機会があったらまたいつか)それでもウォッチャーとしてはバレエを楽しんでおりローザンヌも当然毎年見ている。毎年、特にこの2、3年は口を開こうかと思ったりはしてたのだが、日々の忙しさに追わ..(続きを読む)

2008-4-29 20:34 ローザンヌコンクール2008 ローザンヌコンクール2008
27日に1月末から2月始めに行われたローザンヌコンクールが放送された。このところ毎年この季節だったので、そろそろかなぁと思っていたところで見逃さずに済んだ。ローザンヌコンクール自体の審査過程も毎年変化しているようだが、今年はNHKの番組構成も大幅に変わっていた。実はこれが私はとても気に入らなかった。せっかくの出場者の演技中に解説が入るのだ。バレエを観ながら解説を聞かさせるのは非常に不愉快だった。コンクールだからいいのか?でも歌やピアノのコンクールなら決して演技中に解説はしない..(続きを読む)

2008-1-22 10:35 マリンスキーの白鳥 マリンスキーの白鳥
ビデオに撮っておいたマリンスキーの白鳥を少しずつ見ている。美しい!本当にロシアのダンサーは手足が細くて長い。選ばれし者ゆえか、伝統的なお稽古のなせる業か?とても同じ人間とは思えないような位置に腰がある。そして腰が細いからアラベスクのときウエストから脚に見えるのでますます長く見える。本当に長い脚!テクニックも磨き上げられていて素晴らしい。表現は相変わらずドラマチックで、時々ウッとくるが、それもまたよしという感じだ。さて、私事だが、ウチの娘は春に引越すことになったため、申し込んで..(続きを読む)

2008-1-18 11:08 吉田都さんのコッペリア 吉田都さんのコッペリア
昨日は待ちに待った吉田都さんのコッペリアの日。寒風の中、五反田のゆうぽうとホールへ出かけた。会場は熱気ムンムンで外国の方の姿も目立った。さて都さんのスワニルダは、とにかく可愛らしかった!もともとピッタリの役柄だと思うが、本当に10代のきゃぴきゃぴした少女そのもので浮気者のフランツの態度に怒ったり、すねたり甘えたりの姿がとてもいい。その彼女の動きに会場のお客さんも大喜びで、彼女が何かするたびに拍手喝采だった。とにかく都さんのひとり舞台という感じだった。相手役のイアン・マッケイは..(続きを読む)

2007-12-26 10:11 コンクールの季節 コンクールの季節
いろいろあってすっかりご無沙汰ですm(__)m習慣とは不思議なもので、毎日のように更新していた時は、更新せずにはいられなかったのに、一度サボると今度はなかなか更新できないものである。私が極端な性格なのかもしれないが、やる か やらないかのどちらかになってしまうようだ。バレエもそうで、昨年5月にやめて以来、ストレッチもろくにやっておらず、今ではすっかりカチンコチンの身体になってしまった。これが再開するとまた鬼のようにストレッチ三昧の日々になる。つまり凝り性なのだろう。ところでこ..(続きを読む)

2007-12-13 9:02 吉田都さん勲章受賞 吉田都さん勲章受賞
バレリーナの吉田都さんがロイヤルバレエでの長年の功績を認められ、大英帝国勲章を受章したと今朝のニュースで知った。イギリスが東洋人にバレエという西洋文化の分野において勲章を与えるということ自体、大変な驚きである。それだけ吉田都さんの業績が大きく評価されてきたということなのだろう。これにはなんといっても20年という歳月の重みがきいていると思う。若干17歳で渡英し、身体的条件の違うなかで人種差別という厳しい現実の中で、ひたむきに踊り続けて勝ち取った栄光である。今でこそ、多くの若いダ..(続きを読む)

2007-11-26 9:30 久しぶりのバレエ 久しぶりのバレエ
昨日、久しぶりにバレエを観に出かけた。といっても娘のお友達の教室の別の支部の発表会で、プロの舞台ではない。そのお教室はコンクールには30人以上出すような大きなお稽古場なのだが小さいうちは難しいことはやらせない基礎を大切にするところだと聞いていた。発表会の印象は『品がよくて地味』という感じだった。確かに難しいことはやらせない基本のパの組み合わせとポールドブラだけで見せる舞台だった。ただ、振り付けが地味なのだから音楽や衣装、照明はもう少し華やかなほうが発表会らしいのではないかと思..(続きを読む)

2007-11-23 19:13 モーリス・ベジャール氏逝く モーリス・ベジャール氏逝く
日本では『ボレロ』や『ザ・カブキ』で知られる振付家のモーリス・ベジャール氏が22日スイス、ローザンヌの病院で亡くなった。ベジャール氏は、すっかり女性の添えもの的な立場になってしまっていた男性舞踊手の地位を再びステージの真ん中に引き戻した人だったと思う。ジョルジュ・ドンのボレロの印象は強烈だったが私には『春の祭典』の印象の方がもっと鮮烈だった。氏の創作するバレエはおとぎ話の妖精のお話ではなく生きている生身の人間の生々しい生と性を描いていた。私はもっぱらの古典おとぎ話大好き派だが..(続きを読む)

2007-11-9 12:38 誰でもピカソのバレエ教室 誰でもピカソのバレエ教室
久しぶりに書くというのにまたテレビ番組情報か?という気もするが、たまたま見かけたのでお知らせデス。今晩10時からテレビ東京の誰でもピカソで熊川哲也氏による男性バレエ特集の放送が予定されている。『小学生からわかるクラッシックバレエ入門』ということで、他に荒井祐子さんや宮尾俊太郎さんも出演されるらしい。ちょっと楽しみ。さて、怪我をしてもうすぐ半年経とうとしている熊川氏だが、このところ精力的にテレビ出演をこなしている。まぁ、彼が舞台で踊らないことでバレエ団の収益はだいぶ痛手を被って..(続きを読む)

2007-10-24 9:11 また見逃した都さん また見逃した都さん
友達がせっかく教えてくれたのに月曜日の英語でしゃべらナイトに出演した吉田都さんを見逃してしまった。踊るわけではないだろうと思っていたからか前日の甥の結婚式での食べ疲れのせいか分からないが、すっかり忘れて早寝をしてしまった。どうも近頃忘れっぽくていけない。このブログのことも忘れていたわけではないが、気がついたらもう10日以上更新していなかった。なんだか時がたつのがすごく速い。ところで娘と以前同じお教室だったお友達が移って2年ほどでまた新しいお教室に移った。聞いてみると、本当によ..(続きを読む)

2007-10-12 9:13 トウシューズ選び トウシューズ選び
日曜日に行ったバレエショップでのトウシューズ選びについて、記憶に新しいうちに書こうと思っていたのに、気がついたらもう一週間近くたってしまった。そのお店は私自身もかつて行ったことがあったような気がするのだが記憶が定かでない。小さなビルの外階段を登って2階にある店の店内はとても狭い。店舗というよりも倉庫?という感じで、バレエショップと言うが店内の棚のほとんどをトウシューズが占めている。お店に入るとちょうど1人トウシューズのフィッティングをしているところだった。そう、ラッキーにもウ..(続きを読む)

2007-10-8 9:40 ボリショイ・マリンスキー合同ガラ ボリショイ・マリンスキー合同ガラ
放送予定を書いたまま、鑑賞後感を書いていなかったボリショイ・マリンスキーの合同ガラについて今日は少し。まず、私はロシアのバレエというと昔のソ連時代の(今の若い方が聞いたら私はすっごいおばあちゃんに感じるだろうなぁ)年功序列がビシッと決まっていて、ベテランばかりの踊りでイマイチ魅力がないというイメージがいつまでたってもぬぐい去れなくて最近になってもあまり観る機会がなかった。もちろん一部のスターダンサーくらいは観たことはあったが、ボリショイやマリンスキーのバレエ団の公演にわざわざ..(続きを読む)

2007-10-3 8:32 ボリショイ・マリンスキー合同ガラ放送日 ボリショイ・マリンスキー合同ガラ放送日
このところNHKがバレエづいている。今週末、またバレエ公演の中継がある。しかもつい先日のボリショイバレエとマリンスキーバレエの合同ガラ公演だ。そう言えば、こんなことが以前にもあった。たぶん20年前くらいだったと思う。芸術劇場で1ヶ月おきくらいにバレエを放送し、教育テレビでは松山バレエ団の森下洋子さんと清水哲太郎さんのバレエ入門講座をやったりしていた。あの時も空前のバレエブームと言われ、ローザンヌコンクールを毎年放送するようになったのもあの頃からではなかっただろうか?テレビCM..(続きを読む)

トップページへ