検索
 
バレエ教室関係者様へ
Sponsore
バレエレオタード
バレエ用品のアンジュ
欧米、日本から高品質で、大人用レオタードから子供用レオタードまで販売しています。

新登場!バレエスカート 〜 Black or Pink! 美しいドレープで最強コーデ

ダンスシューズの選び方

このトピックの投稿一覧へ

なし ダンスシューズの選び方

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2011-12-29 20:49
ゲスト    投稿数: 0
ダンスとダンスシューズは互いに深く関連しています。どのダンスにおいてもダンスシューズはとても重要な役割を果たします。特にプロダンサーの場合、ぴったり合うダンスシューズを見つけることは簡単ではありません。世界中で親しまれているズンバ、バレエ、ラテンダンスのようなダンスには専用のシューズがありますし、タップダンスにはタップダンス用シューズ、バレエにはバレエ用シューズ、ラテンダンスにはラテンダンスサンダル、アイリッシュダンスにはアイリッシュダンス用シューズとそれぞれのダンスに合ったダンスシューズが必要になります。

ダンスシューズの購入の際には、どのダンスにどのダンスシューズ が適切なのかを知ることがとても重要になってきます。ダンスシューズを選ぶ際に最も重要なことの一つがダンスシューズの質です。高品質のダンスシューズであれば難しいダンスステップでも踏みやすくなり、またダンスステップを美しく見せることができます。
その次に重要になってくるのはシューズの柔軟性です。

女性用ダンスシューズではラテンダンスの場合はオープントゥ、社交ダンスの場合にはクローズトゥの2種類がよく見られますが、男性用ダンスシューズではオックスフォードシューズのように甲をひもで結ぶ型のシューズが一般的です。細めのヒールのダンスシューズを使用している場合、ダンスステップやターンがしやすくなりますが不安定になりがちです。太めのヒールの場合は安定感があります。子供用のダンスシューズは安定感を持たせるため、短いヒールである必要があります。男性用のダンスシューズにはヒールがないことがほとんどですがラテンダンス用のシューズには男性用でも3〜5cmのヒールがあります。

ダンスシューズを選ぶ際にシューズのソール(靴底)を確認することもとても重要です。ダンスフロア上でコントロールしやすく、スムーズに動けるソールである必要があります。どんなダンス衣装とも合わせやすいためブラック、レッド、ベージュがダンスシューズの人気カラーとなっています。柔軟性のある軽量でリラックスしたシューズが女性には人気のためダンスシューズの素材はサテンがもっとも一般的です。

ダンスシューズに柔軟性があればあるほどダンス中の動きも楽になり、異なるダンスステップが踏みやすくなります。優れたダンスシューズを使用すると確実にひとつひとつの動きを迅速にかつ正確にできるようになります。また、ダンス中に観客の前で恥ずかしい思いをしたり、転倒などの怪我を防ぐためにも滑りにくいダンスシューズであることはとても重要です。ダンスシューズのデザインや特徴はそれぞれのシューズにより異なるので、自分にぴったり合うダンスシューズであればダンス中の動きをよりスムーズなものにしてくれます。

http://www.henrygdance.com
投票数:71 平均点:3.52

投稿ツリー

  条件検索へ


トップページへ